理解しておきたい!医師の勤務システムについて

医師の勤務システムとは

医師の勤務システムについては、原則的に医療機関の受付時間に影響されます。多くの場合は朝九時から始まり夕方五時に至るまでという時間の長さが多いです。その一方で、産婦人科そして外科などは昼夜問わないで病を患っている方が来るのでそのような時間で勤務することが出来るのは少ないです。加えて、当直という名の夜間に勤務するシステムもあり、小まめにアルバイトで研修医が勤めることもあり得ます。当直は次の日に日勤が継続していくこともあり、とてもハードルが高い勤務システムといえます。

医師の仕事は大変忙しいといえます

医師については以上のような仕事のため、とても時間に追われている仕事内容ということができます。とりわけ研修医につきましては、収入額も多くないので、当直を実施して収益を上げることが大切なため、相当ハードな日々の生活になります。加えて、お休みの日の間も、論文研究をしたりしていることから、研修医でなくても多忙な方が非常に多いといえます。その結果、健康管理および身近なサポートがとても重要度が高いといえます。

安定できる勤務システムとは

アルバイトをするときは、非常勤であったり当直が多くあるので、生活環境においてどうがんばってもバランスを崩した日々の生活になりがちです。しかしながら、自分で開業したり、科を選択すれば、安定感がある日々の生活にすることもできます。大学病院等の業務につくよりも、自分で開業する方が、時間的に融通がききます。しかしながら、同じ内容を考える方はたくさんいらっしゃるので、医師どうしの競争もとても激しいといえます。

医師のバイトとは、その名の通りアルバイト契約で雇用される医師のことです。大きく分けて常勤のものと非常勤のものがあり、非常勤や単発の募集は研修医に人気のアルバイトとなっています。