看護師も活躍中!需要が高まる訪問介護サービス

看護師の転職時には介護福祉分野も視野に

看護師の転職時には、高齢化社会を迎えた現在に於いて、医療だけでなく介護福祉分野にもその人材需要が高まっているんですよね。そして、介護では、利用者の日常生活をサポートすることが目的であることから、その要介護度や生活状況等に応じて、訪問介護など多様なサービスが設けられつつあります。また、全般的に介護の仕事は、入所施設を除き、多くの場合平日日中のみで残業も少なく、中でも訪問介護は労働時間や勤務地にも柔軟である為、仕事のペースをスローダウンしたい看護師の間で、介護福祉分野も転職先として視野に入れる方が多いのが現状なんですよ。

介護サービスの中でも全国に広がる訪問介護

高齢化社会に伴い、介護福祉サービスは全国のほぼどの地方自治体でも、民間の力も借りてその充実や拡大に努めているんですよ。そして、その中の1つのサービス形態である訪問介護は、様々な状態・状況にある利用者のお宅を文字通り1件ずつ訪れ、その方が住み慣れた環境の中で、利用者又はその家族が必要とするサービスを提供します。また、既存の特老等施設への入居待ちの方から通所等施設の利用を希望しない又は必要としない方まで、介護サービスを必要とする多様なニーズに柔軟に対応可能であることから、訪問介護サービスは全国に広がりを見せているんですよね。

訪問介護での仕事と看護師

実際の訪問介護の仕事は、正社員雇用もありますが、大多数はパートタイム雇用で、一般的に各訪問介護ステーションに登録を行い、自分の都合の良い時間と訪問先を選択することが可能なんですよ。そして、その仕事内容では、利用者の多様なニーズに対応すべく、本来的な食事や入浴、排泄等の介助から掃除や洗濯、調理など日常家事、また買い出しまであります。その為、訪問介護の仕事は、無資格未経験でも直ぐに始められる一方で、看護師や介護士など専門性の高い有資格者は優遇される傾向にあり、看護師が心身の負担軽減を目指した転職を図る際には、1つの選択肢として視野に入れる方も多く見受けられるんですよね。

訪問看護ステーションでは、周辺地域の高齢者や障害者の自宅まで出向くことで、バイタルチェックや生活上の相談などの受付が行われています。